FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想日記 C美さん その3の2

『パンティになりたい...』

「えっ!パンティになりたい?」
『はい、いっその事生まれ変わってC美さん専属のパンティになりたい...』

「私の股間にお顔を埋めて、舐めチャンは今、私のパンティみたいなものじゃない?それじゃダメなの?」
『パンティだったら一日中C美さんの温もりに触れて一緒にいる事が出来るから...』

「そんなに私と一緒にいたいの?」
『はい』

「一日中舐められっぱなしってのも困っちゃうわよ」
『それでは、スイッチが入った時だけ、舌が出てきて舐め舐めってのはどうですか?』

「まぁ、それなら悪くはないか...」
『退屈で眠たくなる会議とかってありませんか?そんな時にスイッチを入れて使って下さい』

「そうね、ところでスイッチはどうやって入れればいいの?」
C美さんが私の下らない妄想話しに付き合ってくれるようだ。
『はい、C美さんが内股になった時が合図になります』

「えっ、内股になった時って、それじゃあさらに内股になっちゃうじゃない」
『はい、内股の度合いに比例して私の舐めスピードもアップします』

「声出ちゃうかも」
『出してください』

「会議中に喘いでどうするのよ、影で噂話しされちゃいそうね」
『”変態”とかって言われてしまうかもしれませんね』

「ちょっと舐めチャン、私に”変態”って言葉は使わないで」
『どうしてですか?』

「私は人よりちょっと変わった性癖があるだけなの」

(C美さん、ある意味それを変態って言うのです、
エリートOLさんだけあって”変態”の言葉の響きには抵抗があるのだろう、
一方、地面スレスレを超低空飛行、いつ墜落してもおかしくない身の私にとって、
”変態”と言う言葉の響きは”ご褒美”だ)

『会議室では、控えめな舐め舐めにしておきます』

「そうして、ちょっと内股になる感じがいいわね」
『はい、そうします、でもC美さんはとても濡れやすいからエッチな匂いが会議室に充満してしまうかもしれませんね』

「”何?この匂い?”とか誰かが言いそう」
『もっと直接的の方が展開的には面白いかもです』

「”誰だ?会議中にオナニーしてるのは”とか?」
『そうですね、そこで頭の禿げたスケベな上司が、
”これから女子社員の身体検査をする、全員机の上でM字開脚!”なんて言い出したり』

「舐めチャン、、私、それ以上の展開にはついていけない、他のシチュエーションが聞きたいな」
調子に乗ってしまったようだ。
『そうですね、、、本屋さんなんてどうですか?』

「本屋さん?」
『はい、平積みになっている本を取る時に前かがみになりませんか?』

「そうね」
『その時にさりげなくお尻を後ろに突き出しながら前かがみになって下さい、それが合図です』

「さらにお尻が突き出ちゃうわよ」
『突き出す度合いに応じて舐めスピードもアップします』

「声出ちゃうわよ」
『出して下さい』

「さっきと同じ展開じゃない!」
『そんなシチュエーション大好きです』

「まぁ、人気の無いコーナーだったら面白そうかもね」
『感じてるC美さんの姿を想像すると興奮してしまいます』

「内股で、お尻突き出して、片手で本を取って、もう片方の手でオッパイ揉んじゃおうかな?」
『あっ、では私はブラジャーにも分身します』

「ダメ、舐めチャンはパンティ専用なの」
『...』


「それじゃあ、会社帰りの夜道を歩いている時はどうやってスイッチを入れたらいいの?」
『その時はスイッチは入りません』

「えっ、どうして?」
『はい、C美さんの様な美しい女性が夜道を内股で歩いていたらとても危険です、C美さんの身に何かあったら一大事です』

「心配してくれるのね、でもその時は舐めチャンが守ってくれるんでしょ?」
『その時私はパンティだし... ...』

「スーパーマンに変身すればいいじゃない」
『... では、C美さんが夜道を歩く時、私はライトになってC美さんの周りを明るく照らします』

「守ってくれる方が、私は嬉しいわ」
『... では、私は盾となってC美さんを守ります』

「うふ、ありがと」

『ところで、夜道でなんてC美さんも少し変態的な願望があるのですね』

「また”変態”って言ったわね、今度言ったらお仕置きするわよ!」

(C美さんは解っているのだろうか、M系の舐め犬にとって”お仕置き”イコール”ご褒美”だと言う事を。
またお仕置きされたいな... ... でも、C美さんが望んでいないのなら”変態”って言葉は封印だ。)

『済みませんでした、今後、C美さんの前でその言葉は使いません』

「舐めチャンはかしこい舐め犬ね」
『ありがとうございます』

「そうねぇ~、、、そんなに私のパンティになりたいなら、月一回女の子の日に舐めチャンに活躍してもらおうかしら♪」
『... C美さん、その時はC美さんのランジェリーBOXの中でお休みさせて下さい』

「遠慮しないでいいのよ」
『そういう訳でもなく...』

「女の子の日に舐めチャンパンティ履けないの?」
『用途が少し違います... ... 女の子の日は専用の品を使用した方が間違いないです』

「え~、じゃあ私のパンティにはなれないわね」

( ... 最後は軽くあしらわれてしまった )


「はい、休憩終わり。今度はしっかり舐めて、舐めチャンだって世間話するためにここに来た訳ではないのでしょう?」

そうだった。私は舐め犬、舐め犬に徹しなければ。

再び本来の姿、舐め犬になる。

後頭部がC美さんの両手で覆われた、さっきより力がこもっている、
どうやら顔を上下に動かして激しく舐めてと要求されているようだ。
舌を大きく出し、お口全体でC美さんのおま○こを包み込み、手の動きに合わせ顔を上下させる。

「そう、おま○こにピッタリ張り付いてベロベロ舐めて、離れたらダメよ」
『あい』

「舐めチャンの大好物いっぱい出てきたで?」
『あい』

「美味しいの?」
『あい』

「全部受け止めてね」
『あい』

「私を満足させてね♪」


... ...


「はぁ、、、舐めチャンよかったよ、ピッタリ張り付いちゃって、まるで私のパンティね」
『ありがとうございます』
そうだよな、既に私はパンティなんだよな?と今更ながら思った。

「少し休憩してから2回戦ね」
『了解です』

「シャワー一緒に入る?お顔洗って上げるわよ」
『いいんですか?』

「いいわよその位、さぁ」

C美さんが私の手を取り、浴室へ歩き出す。
歩きながらC美さんが話しかけてくる。

「さっきの舐めチャンは綿のパンティだったけど、次はTバックのパンティになってね♪」
『了解です』
とは言ってみたものの、Tバックパンティの舐め犬とは一体どうしたものか?
まぁ、その時の流れにまかせればいいか。


つづく
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
お名前 : ゆう
住まい : 都内
お仕事 : サラリーマン
性別  : 男
年齢  : アラフォー世代(独身)
学歴 : 大卒

お顔 : 女の子ぽい?
髭 : 無し
虫歯 : 無し
タバコ : 吸いません

夢は? : 好きな女性の
ピンクローターになりたい…

性格 : 人見知り、控えめ
体は男の子だけど心は女の子
かな?って思う時があります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。